■織豊政権の位置づけ

 

 今回は歴史から金をめぐる価値観の変化について考えてみたいと思います。題材の中心は、豊臣秀吉の「金の茶室」です。

 

 秀吉が「金の茶室」をつくらせたことは有名な話で、秀吉の茶の湯への傾倒、金への思いをよく示すこととしてよく取り上げられてきました。そして、その価値観が、「わび茶」を探求している千利休の価値観と衝突したであ・・・・

続きを読む