確定拠出年金(DC)のあり方を議論している社会保障審議会の「確定拠出年金の運用に関わる専門員会」で、「指定運用方法」の基準が議論されています。運用の指図をしない場合に便宜上設けられている「デフォルト商品(あらかじめ定められた運用方法)」が、法律で位置付けられる公式な存在になったため、その基準を明確にしようというものです。(写真は、DC専用ファンドの純資産総額。提供:モーニングスター)

続きを読む