▽相模ゴム工業 <5194> が高寄り後、伸び悩んでいる。寄り付きは前日比25円(2.0%)高の1300円だったが、13時37分現在は18円(1.4%)安の1257円。
   
 17日引け後に発表した17年3月期の連結業績は、売上高57.1億円(前期比17.7%増)、経常利益15.5億円(同2.9倍)。主力の「ヘルスケア事業」は、コンドームの「サガミオリジナル0.01(ゼロゼロワン)」が潜在的な顧客を発掘する一方、「サガミオリジナル0.02(ゼロゼロツー)」が中国をはじめとする海外市場で好調に推移。売上42.4億円(同29.8%増)、営業利益18.5億円(同2.2倍)で全体をけん引し、為替差損の減少と併せ、連結経常利益は従来予想を2.5億円超過した。
 
 ただ、18年3月期については予想売上高59億円(同3.3%増)、経常利益16億円(同3.3%増)と、増収増益ながら期待に届かなかった様子。全体の地合いの悪さもあり、失望売りを誘った印象。(イメージ写真提供:123RF)