昨日のドル/円は欧米株安が重しとなり5営業日ぶりに反落。前日に続き114.30円台で上値が抑えられたものの、米経済指標が良好だった事もあって113円台半ばでは底堅さを見せた。まずは本日も株価動向がカギとなりそうだ。なお、日経平均先物は昨晩19800円台に下落しており、本日の日本株の下落はある程度織り込み済みと見られる。

 また、本日はNYタイムに米4月消費者物価指数や米4月小売売上高(いずれも21:30)のほか、米5月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値(23:00)などの重要経済指標が発表される。6月利上げへの期待感がドルを下支えしているだけに、これらの結果も重要だろう。

 本日の予想レンジ:113.200-114.500円(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)