東京市場のドル/円は、114円台前半でもみ合う展開でしたが、終盤は日経平均が2万円の大台を前に伸び悩む中でやや弱含みました。

 欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

5/11(木)
16:15   スイス4月消費者物価指数
17:30☆ 英3月鉱工業生産指数
17:30   英3月製造業生産高
17:30   英3月貿易収支
19:25☆ ダドリー米NY連銀総裁、講演
20:00☆ BOE政策金利発表
20:00☆ BOE議事録
20:00☆ BOEインフレレポート
20:30☆ カーニーBOE総裁、会見
21:30   カナダ3月新築住宅価格指数
21:30☆ 米4月生産者物価指数
21:30☆ 米新規失業保険申請件数
25:30   プラートECB理事、講演
26:00☆ 米30年債入札(150億ドル)
-----☆ G7財務相・中央銀行総裁会議(13日まで)
※☆は特に注目の材料

 ドル/円は、今夜も米長期金利の動きがカギと見られ、ダドリーNY連銀総裁の発言や4月生産者物価指数および30年債入札の結果が注目されます。

 米10年債が昨日の最高利回り(2.41%)を越えて上昇するようなら114円台後半へ上伸する事になりそうです。

 また、本日は英中銀(BOE)の「スーパー・サーズデー」です。

 議事録で示される利上げ票の数(前回1票)や、インフレレポートの物価見通しのほか、カーニー総裁の会見と、見どころ満載のイベントです。

 ポンド相場が大きく変動すればドル/円にも影響が波及する可能性があるため要注目です。

(欧米時間のドル/円予想レンジ:113.600-114.900円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)