昨日のドル/円相場は、米10年債入札が不調となった事などから米長期金利が上昇すると、ドル買いが優勢となる中で一時114.30円台まで上昇して今月高値を更新した。今週に入り米国債入札の不調が続く中、本日は米30年債入札(26:00)に注目したい。
 今回も不調となるようならばドル/円相場に上昇圧力が掛かる公算である。昨年12月高値~今年4月安値の下げ幅61.8%戻し(114.640円)を突破するようならば、115円ちょうどの心理的節目に向けた一段高も考えられる。
本日の予想レンジ:113.700-115.000円(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)