ユーザーローカル <3984> (東マ)は、3月30日に東京証券取引所マザーズ市場へ上場した。同社はビッグデータ分析システムの研究開発を行っているが、総合アクセス解析ツール「User Insight」とソーシャルメディア解析ツール「Social Insight」を事業の2本柱として、インターネット上でのユーザー行動、閲覧方法等を見える化するためのツールを提供し、数多くの企業のWebマーケティング戦略を支援している。
 
 また、ビッグ時代において次世代の鍵となるセンサーデータ分析に着手、またAIの分野でも「人工知能プラットフォーム“人工知能ボットAPI”」を開発し、インターネット上における行動分析にとどまらない「ネットとリアルの融合」を実現するサービスを展開している。
 
 今17年月6期第2四半期業績実績は、売上高4億5700万円、営業利益1億9100万円、経常利益1億9100万円、純利益1億2900万円に着地。
 
 今17年6月期業績予想は、売上高9億3500万円(前期比19.3%増)、営業利益3億7800万円(同15.7%増)、経常利益3億7800万円(同15.6%増)、純利益2億4200万円(同20.4%増)の2ケタ増収増益を見込む。公募増資で調達する約6億円は人工知能領域でのサービス拡充に向け、サーバー類調達や人材確保に充当し、成長投資を優先するため、配当は無配を予定している。
 
 株価は、上場2日目の3月31日に公開価格2940円の約4.3倍の12500円で初値をつけた後、4月3日高値14090円と上昇。同13日安値7470円まで47%の調整を挟んで同21日高値10350円と上昇した後、モミ合っている。今後予測される国内生産人口の減少に対応するために、データ・AIを利用した生産性の向上や自動化は進むと見られるが、Web解析ツールで月間120億PVの様々なサイトのアクセスデータ、国内のSNSユーザー2600万人のアカウント、企業Facebookページ120万件、数百億件の投稿データ、5500万枚の写真、220万件の動画データなど、国内トップクラスのユーザー行動データを解析していることを強みに今後も高い成長が続くと予想される。11日に今17年月6期第3四半期決算の発表を予定しているが、業績好調が確認されれば、買い直される可能性は高いだろう。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)(イメージ写真提供:123RF)