東京市場のドル/円は、前日の仏大統領選で事前予想通りマクロン氏が勝利した事を受けて一時112.90円台まで値を上げましたが、その後は伸び悩みました。

 欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

5/8(月)
21:15  4月カナダ住宅着工件数
21:35  ブラード米セントルイス連銀総裁、講演
21:45  メスター米クリーブランド連銀総裁、講演
23:00  4月米労働市場情勢指数(LMCI)

5/9(火)
10:30☆3月豪小売売上高
※☆は特に注目の材料

 本日、米国では目玉となりそうな経済イベントが見当たりません。

 欧州政局に対する不透明感が払拭された中、株価の反応に注目する事となりそうです。


(欧米時間のドル/円予想レンジ:112.200-113.200円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)