アセンテック <3565> (東マ)は、4月25日に東京証券取引所マザーズ市場に上場した。同社は、「簡単、迅速、安全に! お客様のビジネスワークスタイルの変革にITで貢献する。」をミッションとし、ITインフラ全般を事業領域として、仮想デスクトップ並びに仮想インフラソリューションに関わる製品及びサービスを顧客に提供している。
 
 仮想デスクトップビジネスでは、仮想デスクトップを構成するソフトウェア、サーバ、専用 端末(シンクライアント)等、各種製品を販売している。仮想インフラ及びストレージビジネスでは、ITインフラとしてのフラッシュストレージ、クラウド統合ストレージ等、各種製品を販売している。プロフェッショナルサービスビジネスでは、仮想デスクトップ、仮想インフラ及びストレージの製品販売に関わる技術支援サービスとして、コンサルティングから設計、構築、保守、運用まで自社で一貫した役務を提供している。クラウドサービスビジネスでは、仮想デスクトップクラウドサービス、クラウド認証ソリューションサービスなどを行っている。
 
 今2018年1月期第2四半期業績予想は、売上高16億円、営業利益6000万円、経常利益6200万円、純利益4300万円を見込む。
 
 今18年1月期業績予想は、売上高38億円(前期比16.0%増)、営業利益2億3000万円(同7.4%減)、経常利益2億3200万円(同6.5%増)、純利益1億6000万円(同14.2%増)を見込む。上場で調達する資金は今後の事業拡大に向けた人材採用に充てる計画で、配当は無配を予定している。
 
 株価は、上場2日目の4月26日に公開価格2000円の約3倍の5950円で初値を付け、同27日高値7500円と上昇。高値圏でモミ合っている。同社のサービスを利用すると、どのパソコンからでも仮想サーバーに接続することから、在宅勤務のテレワークが可能なほか、情報も一元管理でき、サイバー攻撃にも対処しやすいことが強味となっている。5月は10日に「最先端仮想デスクトップセミナー」、同17日にいまストレージ市場で破竹の勢いを見せるNimbleストレージの「プレディクティブフラッシュプラットフォーム Nimbleストレージセミナー」、同19日には「働きかたチェンジ!!~仮想デスクトップ検討/導入で疲れたあなたに~」とセミナーを開催することから、上場を機にビジネスチャンスが拡がるとの期待感から高人気となっている。5月は新規に上場を予定している銘柄がないほか、3月期決算銘柄は今期業績見通しを見極めようと動き難くなっており、IPO人気が継続する可能性がある。短期的に突っ込む場面は、買い妙味が膨らみそうだ。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)(イメージ写真提供:123RF)