東南部地方ビンズオン省人民委員会は21日、同省トゥアンアン町に建設された下水処理場の運転を開始した。

  この下水処理場は、1日当たりの処理能力が1万7000m3で、トゥアンアン町の5つの街区に属する1700世帯以上から出た生活排水や廃水を回収・処理する。投資総額は2兆4570億VND(約120億円)で、うち85%が日本の政府開発援助(ODA)から、残りの15%が地方予算から拠出された。

  同案件は、同省における水環境改善事業(フェーズ2)の一環で、国際協力機構(JICA)を通じて日本のODAにより実施された。同事業は、同地域の下水道普及率の向上とサイゴン川流域の水質悪化抑制を図ると共に、下流に位置するホーチミン市及びその周辺地域の生活環境の改善、並びに上水道水源の保全に寄与するものと期待されている。(情報提供:VERAC)