本日から日銀金融政策決定会合が行われており、明日には当面の金融政策と経済・物価情勢の展望(展望リポート)が発表されるほか、黒田総裁の会見も予定されている。展望リポートでは、足元の景気判断を上方修正する公算が大きいとされる。そうした中、一部には日銀が現在の「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」の枠組みを修正するのではないかとの見方もあるようだ。日銀は長期国債の保有残高が「年間約80兆円」ペースで増加するように・・・・

続きを読む