昨日のドル/円は、一時109.40円台まで上昇するなど堅調に推移した。17日に付けた下髭陽線が転機となり、下値を切り上げながら底打ち感を滲ませている。このまま110円台を回復できれば、ひとまず底入れ完了との見方に繋がりそうだ。

 ただ、今週末23日に仏大統領選(第1回投票)が行われる事や、北朝鮮が軍創設記念日の25日前後に核実験を行う可能性がある事を踏まえると、上値追いのムードが高まる事も考えにくい。本日のところは、200日移動平均線(執筆時108.845円)のサポートを確認しつつ109円台で値固めできるかが、次のステージに向けた課題となろう。

 本日の予想レンジ:108.800 - 109.800円(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)