米長期金利の低下が一服したことで、ドル円は109円台まで上昇。ただ前日と同様に、109円台は維持できず108円90銭近辺で取引を終える。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む