東京市場のドル/円は、108.70円台まで値を上げるも一時的となり、その後は地政学的リスク(北朝鮮、シリア)がくすぶる中で108.10円台まで反落しました。

 欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

4/17(月)
21:30☆4月米NY連銀製造業景況指数
23:00  4月米NAHB住宅市場指数
29:00  2月対米証券投資
30:00☆フィッシャー米FRB副議長、講演

4/18(火)
10:30☆RBA議事録
※☆は特に注目の材料

 米国で4月NY連銀製造業景況指数が発表されます。

 前週14日の米3月小売売上高が2ヶ月連続で減少となるなど、米経済の足取りに弱さが見られる中、予想(15.00)を下回るようならばドル売り材料となる可能性があります。


(欧米時間のドル/円予想レンジ:107.700-109.000円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)