スリーエフ <7544> は80円ストップ高の391円を付け、2月27日の年初来高値を更新した。12日午後1時、ローソン <2651> との事業統合契約締結を発表した。
 
 スリーエフは「スリーエフ」、「q’s mart」、「gooz」ブランドで営業している店舗のうち281店舗を対象に「ローソン・スリーエフ」ブランドへ転換する。スリーエフは対象店舗における資産および権利義務の一部を会社分割によりローソンに承継し、ローソンより117億円を受け取る。
 
 また、スリーエフは対象店舗のブランド転換のための新会社を設立。転換後に新会社はローソンとの合弁会社であるエル・ティーエフを存続会社とする吸収合併を行う。エル・ティーエフの出資比率はスリーエフが51%、ローソンが48%となるようにローソンへ株式を譲渡する予定で、株式譲渡の対価は33億円となる見通し。(イメージ写真提供:123RF)