ドル円は111円台を回復したものの維持できず、110円台後半で引ける。株価の上昇やサンフランシスコ連銀総裁の発言を手がかりにドルが買われたが上昇は続かず。ユーロドルは小幅に下落。ドラギECB総裁が金融緩和を継続する姿勢を見せたことで1.0638までユーロ安が進む。株式市場は揃って反発。失業保険申請件数が予想を大きく下回ったことを好感し、ダウは14ドル高と小幅に上昇。債券相場はほぼ変わらず。米中首脳会談の行方・・・・

続きを読む