ドル円は反落し、再び110円台後半まで売られる。ISM製造業景況指数が前月より悪化し、製造業活動が鈍化したことでドル売りが優勢となる。ユーロドルは1.06台で小動き。1.0650を中心にもみ合う。ユーロ円が118円14銭近辺まで売られ直近安値を下回る。株式市場は3市場とも揃って続落。自動車メーカー各社の販売台数が低調だったことで自動車株が売られ、金融、エネルギー株も続落。ダウは13ドル安で取引を終える。製造・・・・

続きを読む