東京市場のドル/円は、仲値公示に向けて期末に絡んだドル買い・円売りなどを受けて112.10円台に値を上げるも一時的。

 その後は日経平均が下げに転じる中で111.80円台まで押し戻されました。

 欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

3/31(金)
17:30  10-12月期英GDP・確報
17:30  10-12月期英経常収支
18:00☆3月ユーロ圏消費者物価指数・速報
21:00  2月南アフリカ貿易収支
21:30☆1月カナダGDP
21:30  2月米個人消費支出(PCE)
21:30  2月米個人所得
21:30☆2月米PCEコアデフレーター
22:00☆ダドリー米ニューヨーク連銀総裁、講演
22:45☆3月米シカゴ購買部協会景気指数
23:00  カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、講演
23:00  3月ミシガン大消費者信頼感指数・確報
23:30  ブラード米セントルイス連銀総裁、講演
※☆は特に注目の材料

 米国では多数の経済イベントがありますが、いずれもやや小粒です。

 本日は週末・月末・期末が重なっており、ポジション整理の動きがメインとなりそうです。

 ロンドンフィキシング(24時)前後など、実需主導で相場が動く可能性がある点に注意が必要です。

 また、ユーロ圏で3月消費者物価指数・速報が発表されます。

 事前予想は前年比+1.8%と2月(+2.0%)より伸びが鈍化する見込みです。

 昨日ドイツで発表された3月消費者物価指数に続いて予想を下回る伸びとなれば、ユーロ売り材料となりそうです。

(欧米時間のドル/円予想レンジ:111.300-112.300円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)