第5期行政長官選挙の投開票が3月26日に行われ、林鄭月娥(キャリー・ラム)前政務長官が当選した。7月1日から行政長官に就任、任期は5年、香港初の女性の行政長官となる。林鄭氏は注目されていた財界票の流出による影響を免れ、分裂していた親政府派を団結させた。社会の亀裂修復を最初の課題に掲げたものの、依然として民主派などとの敵対が懸念される。(編集部・江藤和輝)

 今回の行政長官選は選挙委員11・・・・

続きを読む