東京市場のドル/円は、四半期末のスポット応答日となる中、111円台前半で売り買いが交錯しました。

 欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

3/29(水)
17:30  2月英消費者信用残高
22:20  エバンズ米シカゴ連銀総裁、講演
23:00  2月米中古住宅販売保留件数指数
23:30☆米EIA週間原油在庫統計
24:30  ローゼングレン米ボストン連銀総裁、講演
25:50  プラートECB専務理事、講演
26:00  米7年債入札(280億ドル)
26:15  ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁、講演
--:--☆英国がEUに離脱を通知
※☆は特に注目の材料

 本日は米国で中古住宅販売保留件数指数が発表されますが、材料としては小粒です。

 この後はロンドンフィキシング(24時)に向けて実需主導で相場が動く可能性がある点に注意が必要です。

 また、足元で原油供給過剰懸念が根強い中、米EIA週間原油在庫統計にも注目です。

 結果を受けてNY原油先物相場に動きがあればカナダ/円や豪ドル/円などの資源国通貨を動かす事も考えられます。


(欧米時間のドル/円予想レンジ:110.500-111.900円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)