クリーク・アンド・リバー社 <4763> は、クリエイティブ分野を中心にエージェンシー事業やプロデュース事業を展開し、事業領域拡大戦略を加速している。17年2月期はゲーム・Web関連などが伸長して大幅増益予想である。そして18年2月期も収益拡大基調が予想される。株価は2月の05年来高値圏から一旦反落したが、中期成長力を評価し、AI(人工知能)関連やVR(仮想現実)関連にも注目して上値を試す展開が・・・・

続きを読む