東京市場のドル/円は、前日終盤のドル安の流れを引き継いで112.20円台まで売りが先行しましたが、実需のドル買いなどを支えに下げ止まると、112.80円台へと反発しました。
 今後の展開が気になるところですが、まずは欧米市場のイベントを確認しておきましょう。

3/21(火)
17:30  香港2月消費者物価指数
18:30☆英2月消費者物価指数
18:30  英2月小売物価指数
18:30  英2月生産者物価指数
19:35☆ダドリー米ニューヨーク連銀総裁・カーニーBOE総裁、講演
21:30  米10-12月期経常収支
21:30  カナダ1月小売売上高
25:00  ジョージ米カンザスシティー連銀総裁、講演
----- EU財務相理事会(ブリュッセル)

3/22(水)
08:50  日本2月貿易収支 
08:50  日銀金融政策決定会合議事要旨(1月30-31日開催分) 
※☆は特に注目の材料

 ドル/円直撃系の材料は今夜も少なめです。
 先週の米連邦公開市場委員会(FOMC)後のドル安の流れを変えるには材料不足かもしれません。
 今夜のドル/円は、欧米株価や原油価格のほか、これらを受けた米長期金利の動向がカギになりそうです。
 また、今夜は英国で一連の物価指標が発表されます。
 先週のBOE理事会では、インフレ加速懸念を理由に利上げを主張したメンバーもいただけに、ポンドはこれらの結果に敏感に反応する事でしょう。
 なお、英2月消費者物価指数は、市場予想によると前年比+2.1%と前月の+1.8%から伸びが加速する見込みです。
(欧米時間のドル/円予想レンジ:112.300-113.200円)(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)