ドル円は続落し、112円50銭を割り込む場面も。米金利の低下や、G20での保護貿易の高まりを抑える具体的な合意に至らなかったことが背景。ユーロドルは小動き。1.07台半ばを中心に一進一退。株式市場は高安まちまち。ダウは8ドル下落したものの、ナスダックは小幅に上昇。金融株の下落が目立った。債券相場は反落。ミネアポリス連銀総裁の、米成長率が依然として遅すぎるとの発言が買い材料に。長期金利は2.46%台まで低下。・・・・

続きを読む