先週末(3/17)のスポット金は続伸、前日比2.6ドル高の1228.50ドルで引けた。上昇は3日連続だった。

  この日の外為市場でドルが主要通貨に対して弱含み、ドルの代替投資先として逆の値動きをしやすい金に買いが入った。また、先週米連邦準備制度理事会(FRB)が予想通り利上げを決めたほか、今年の想定利上げ回数は3回を維持したことで、ドルが一段と上昇するとの観測が後退したことも金を支えた。

  17日時点のSPDRゴールド・シェアーズの金保有量は前日より2.96トン減の834.1トンだった。

  17日のWTI原油先物は横ばい、48.78ドルで引けた。減産合意の先行き不透明感が背景。序盤で一時49.18ドルまで買われたが、その後転落になった。

  石油輸出国機構(OPEC)加盟国・非加盟国の減産合意について、ロシアのノバク・エネルギー相が延長を協議するのは時期尚早だと話し、市場で高まっていた延長への期待が後退した。ただ、外為市場でドル安が進行していることを受け、ドル建ての原油の下値が堅調だった。(情報提供:東岳証券)