ビナサンタクシー[VNS](Vinasun)はこのほど、タクシー車内でザボンの販売を開始した。ザボンが2個入った袋を運転席の後ろに吊るし、運転手が宣伝係となって販売する。

  ザボンは、ビナサンタクシーのダン・フオック・タイン会長が経営するタムタン社が栽培したもので、1kg当たり6万4000VND(約322円)で販売する。大量の注文を受けた場合は、値引き販売も行っている。

  ビナサンのタ・ロン・ヒー副社長によると、これはタイン会長による運転手の収入増加支援策で、売上の20%が運転手個人の収入になる。1日当たり5万~10万VND(約251~503円)が平均的だが、時に30万~40万VND(約1510~2010円)に達する日もあるという。

  ヒー副社長は、現在はホーチミン市の1・3・5区を地盤とする700~800人の運転手を対象に試験的に実施しているが、様子を見て拡大する方針だとしている。

  同社の2016年の売上高は4兆3050億VND(約216億円)で目標に届かず、税引き後利益も2956億VND(約14億9000万円)と前年を下回っている。(情報提供:VERAC)