エニグモ <3665> は3営業日ぶりに反落し、一時119円安(6.59%安)の1685円と急落した。
 
 15日引け後に18年1月期の業績予想を開示し、2ケタ増収増益を見込んだものの、事前に一部で報じられた水準とほぼ一致したうえ、市場コンセンサスを下回ったため、売りが優勢となった。営業利益は19億6600万円(前期比11.2%増)を計画したが、市場では24億円弱が見込まれていた。今期も配当は見送る方針。
 
 17年1月期の営業利益は前期比8.1倍の17億6800万円だった。(イメージ写真提供:123RF)