竹本容器 <4248> (東2)は、前日14日に13円安の1701円と4営業日続落して引けたが、配当権利落ち後の安値水準である1700円台で下げ渋る動きもみせた。今12月期純利益が連続して過去最高を更新し、配当も連続増配を予定していることを見直し下値に割安修正期待の押し目買いも続いた。中期経営計画で最終年度(2019年12月期)の純利益を10億1800万円となお拡大を目標としていることも改めて再評価されている。
 
■新規金型数は300型超に拡大しインド新工場の建設にも着手
 
 同社の今12月期業績は、売り上げ132億1800万円(前期比3.3%増)、営業利益12億5200万円(同0.5%減)、経常利益12億6400万円(同1.2%減)、純利益8億7000万円(同4.0%増)と増減マチマチで予想されたが、純利益は、前期の過去最高を連続更新する。開発提案型ボトルパッケージングメーカーとして顧客向けに積極的な提案営業を続け、プラスチック容器製造の新規金型数を前期の234型から300型超に拡大して売り上げは続伸するが、この金型などの設備投資や減価償却費の負担増、さらに前提の為替レートを1人民元=15.50円(前期実績16.36円)、1ドル=105円(同108.78円)の円高と想定したことなどが利益伸び悩み要因として響くが、純利益は続伸する。配当は、昨年12月の前期業績の上方修正とともに前期配当を30円(前々期実績28円)に増配したが、今期も32円への連続増配を予定している。
 
 なお中期経営計画では、2017年にインド工場建設に着手し2018年に稼働開始を予定するなどさらにグローバル展開を強めることなどから最終年度の2019年12月期の目標数値を売り上げ152億7200万円、営業利益14億6500万円、経常利益14億8100万円、純利益10億1800万円と設定している。
 
■値幅で20%強、日柄で4カ月と調整一巡を示唆しPER11倍台の割安修正に再発進
 
 株価は、前期第3四半期の好決算を評価して昨年来高値2155円まで買い進まれ、その後の前期業績の上方修正・増配でも2000円台をキープし、1974円で配当権利を落とした。配当権利落ち後は、今期業績が市場コンセンサスにやや未達として1700円台まで下値を探る推移を続けた。この調整は、値幅で20%超、日柄では4カ月と目先一巡を示唆し、投資採算的にも、PERは11倍台と東証第2部全銘柄平均の23倍台を大きく下回っているだけに、昨年来高値2155円奪回から2015年8月につけた上場来高値2344円も視野に入れ底上げに再発進しよう。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)(イメージ写真提供:123RF)