綿半ホールディングス <3199> はスーパーセンター事業や建設事業などを展開する持株会社である。17年3月期はスーパーセンター事業のM&A効果や利益率改善効果が牽引して増収増益予想である。2月の既存店売上は、うるう年の影響などを吸収して100.3%と好調だった。通期予想に増額余地がありそうだ。株価は高値圏モミ合いから上放れて16年10月の上場来高値に接近してきた。自律調整一巡して上値を試す展開が期待される。

  ■スーパーセンター事業や建設事業などを展開

 

 綿半ホームエイドなどのスーパーセンター事業、綿半ソリューションズ(16年4月綿半・・・・

続きを読む