昨日のポンドは、スタージョン首相によるスコットランド独立を問う国民投票示唆の報道を受けて弱含む場面もあったが、メイ首相がこれを否定した事や、欧州連合(EU)離脱を通告する権限をメイ首相に付与する法案について上下両院で再審議し、原案通り可決した事から反発した。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む