ドル円は114円台で小動き。FOMCやオランダの総選挙を控えていることから、ポジション調整に終始。ユーロドルは小幅に反落。ECB理事の金融政策の変更はないとの発言を手がかりに、1.0653まで小幅に下落。株式市場はまちまち。ダウは21ドル下落したものの、ナスダックは14ポイント上昇。FOMCや各国中銀の金融政策を待つスタンスが強まる。債券相場は大幅に反落。この日は社債発行増加が重石となり、明日のFOMCでの・・・・

続きを読む