10日のスポット金相場は小幅に反発。XAUUSDの終値は1204.10ドル。一度5週間ぶりの安値を付けたが、その後は値を戻した。朝方発表された2月の米雇用統計で労働市場の改善継続が示され、年内の利上げ見通しが一段と強くなった。

10日のニューヨーク原油先物市場ではWTI先物が大幅続落。CL_の終値は48.47ドル。供給過剰懸念が再燃する中で売られ、5日続落した。石油輸出国機構加盟国・非加盟国の減産合意から3か月かけて積み上げた価格上昇は、米在庫の急増で失われた。

【本日発表予定の主な経済指標】
22:30USDA・週間穀物輸出検証高-大豆(万トン)
22:30USDA・週間穀物輸出検証高-小麦(万トン)
22:30USDA・週間穀物輸出検証高-トウモロコシ(万トン)
(情報提供:東岳証券)