2月の雇用統計はまずまずの結果でしたが、ドル円は115円51銭まで上昇したものの、利益確定のドル売りに押され反落。長期金利の低下もあり、114円66銭までドルが売られた。

 ユーロドルは大幅に反発。ECBによるテーパリングの噂なども流れ、1.05台後半から1.07近辺までユーロの買い戻しが進む。株式市場は続伸。利上げのペースはそれほど加速しないとの見方が広がり、ダウは44ドル上昇。他の主要指数も揃って続伸。

 債券相場は反発。4日連続で続落したことでショートカバーの買い戻しも入り、長期金利が2.57%台まで低下。金は9日続落。原油価格も5日続落し、約3カ月半ぶりとなる48ドル台まで売られる。
 
2月失業率       →  4.7%
2月非農業部門雇用者数   →  23.5万人
2月平均時給       →  0.2%(前月比) 、2.8%(前年比)
米2月財政収支        →  -1920億ドル

ドル/円114.66 ~ 115.51
ユーロ/ドル1.0597~ 1.0699
ユーロ/円122.03~ 122.83
NYダウ  +44.79 → 20,902.98ドル
GOLD -1.80 →1,201.40ドル
WTI   -0.89 → 48.39ドル
米10年国債  -0.031 → 2.575%


本日の注目イベント

欧     ドラギ・ECB総裁講演
米   2月労働市場情勢指数(LMCI)


 今週15日のFOMCでの利上げ観測が高まっている中、先週末に発表された2月の雇用統計がまずまずの結果であったことから、利上げは確実な状況になったと思われます。先週水曜日に発表されたADP雇用者数が予想を大きく上回る結果を見せたことから、上振れ期待もありましたが、非農業部門雇用者数は23.5万人で、失業率は4.7%と、いずれも予想よりも改善していました。注目された平均時給は予想と同じく、前年比で2.8%でした。ただ、この結果が利上げを遅らせるほどのものではありません。

 ドル円は115円51銭まで買われましたが、そこを天井に反落しています。雇用統計発表直前までジリジリとドルが買われていたことや、先週末のコメントにも書きましたが、良好な雇用統計がある程度期待されていたこともあり、115円~115円台半ばはドル売り注文が集まりやすい水準であったことが、この日の高値から1円ほど落とされた理由かと思われます。ただ、ここからドルがさらに一段と売られる可能性は低いと予想しています。

 それはやはり、労働市場の拡大が続いていると見られるからです。製造業の雇用者の伸びは1年ぶりのことで、予想通りだった平均時給の伸び率も8年ぶりの水準に戻ってきました。その結果、年内3回の利上げと見込まれている利上げ回数もJPモルガンやゴールドマンは今回の雇用統計を受けて、『年4回も可能』と上方修正しています。

 仮に4回の利上げだとすれば、15日のFOMCに続いて6、9、12月のイエレン議長の会見を伴う会合全てで利上げを行うことになります。あるいは、利上げは全ての会合で可能との立場に立てば、15日に続いて5月の会合でも利上げを実施する可能性さえあります。トランプ大統領の経済政策がある程度の規模を伴って実施された場合、労働力が不足する事態も予想され、労働力確保のため賃金も上昇するはずです。

 今週の利上げは確実ですが、ドル円が再び115円台半ばを上回るには、やはり年4回の利上げが見通せるような裏づけが必要になります。15日の会合ではメンバーによるFF金利の見通し(ドットチャート)も発表されるため、この結果がヒントになります。また、会合後のイエレン議長の言葉に「年4回利上げ」を示唆する言葉があるのかどうかにも注目しなければなりません。

 本日のドル円は115円台に乗せれば売りも出でくると思いますが、下値もそれほど深くはないと予想しています。下値は1時間足の雲の下限である114円30銭程度と見て、予想レンジは114円30銭~115円30銭程度にしたいと思います。(執筆者:佐藤正和・外為オンライン 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)