東京市場のドル/円は、米3月利上げ期待を背景に堅調に推移。

 日経平均の上げ幅拡大も追い風となり115.40円台まで続伸しました。

 欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

3/10(金)
16:45  1月仏鉱工業生産
18:30  1月英鉱工業生産
18:30  1月英製造業生産
18:30  1月英貿易収支
22:30☆2月米雇用統計
22:30☆2月カナダ雇用統計
28:00  2月米月次財政収支
--:-- EU首脳会議(9日~)
※☆は特に注目の材料

 米国で2月雇用統計が発表されます。
 事前予想は失業率4.7%、非農業部門雇用者数+20.0万人、平均時給(前月比)+0.3%と、強めの内容となっています。
 良好な雇用状況が示されれば来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げ期待が一段と高まってドルが買われる公算です。
 その場合は1月11日以来となる116円台乗せが視野に入るでしょう。
 また、カナダでも2月雇用統計が発表されます。
 事前予想は失業率6.8%、就業者数0.50万人減となっています。


(欧米時間のドル/円予想レンジ:114.500-116.300円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)