昨日のドル/円相場は、予想を大幅に上回った米2月ADP全国雇用者数を受けて上昇すると、日足の一目均衡表の雲上限(114.537円)を突破して114.70円台まで一段高となった。明日の米2月雇用統計への期待が高まる中、本日は米新規失業保険申請件数(22:30)に注目したい。予想(23.8万件)より強い結果となれば、期待が一段と高まってドル買いを後押しする公算だ。
 本日、雲(執筆時114.464~114.522円)はかなり薄くなっており、上抜けのハードルは低そうである。こうした中で突破できれば、心理的節目の115円を視野に入れた続伸もあるだろう。
本日の予想レンジ:113.900-115.200円(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)