株式会社長谷工コーポレーション(東京都港区)が95%出資する長谷工ヒムラムBC(Haseko HimlamBC)は1日、ハノイ市ロンビエン区で開発を進めていた日本人向けサービスアパートメント「THE AUTHENTIC」の竣工式を行った。

  「THE AUTHENTIC」は、鉄筋コンクリート造地上18階・地下1階建てで、総戸数110戸、住戸面積58.40~123.90m2。ジムやミニショップ、レストランなどの施設を備えるほか、ハウスキーピングや朝食、ランドリーといったサービスを提供する。入居開始時期は3月中の予定で、月額賃料は未定。

  長谷工ヒムラムBCは、2014年12月に長谷工コーポレーションが95%、地場大手デベロッパーのヒムラムグループが5%を出資して設立した合弁会社。2015年3月に着工した「THE AUTHENTIC」は、長谷工コーポレーションにとってベトナムでの第1号プロジェクトとなる。

  長谷工コーポレーションは2012年4月、ハノイ市に駐在員事務所を開設。現地での建設事業の展開を目的に、市場調査や住まいづくりに関連する情報収集、現地企業との関係構築のほか、現地の建築材料を用いた建物仕様について構造・断熱・防音・換気など各種性能の技術検証を進めてきた。(情報提供:VERAC)