東京市場のドル/円は、日経平均が軟調に推移するも下押しは限定的と成り、113円台後半で方向感が定まりませんでした。

 値幅はわずか40銭ほどと小動きでした。

 欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

3/8(水)
16:00  1月独鉱工業生産
17:15  2月スイス消費者物価指数
22:15☆2月米ADP全国雇用者数
22:15  2月カナダ住宅着工件数
22:30  10-12月期米非農業部門労働生産性・確報 
22:30  1月カナダ住宅建設許可件数
24:00  1月米卸売在庫
24:30☆米EIA週間原油在庫統計
27:00☆米10年債入札(200億ドル)

3/9(木)
10:30  2月中国消費者物価指数
10:30  2月中国生産者物価指数
※☆は特に注目の材料

 米国で2月ADP全国雇用者数などが発表されますが、市場の関心が10日の米2月雇用統計や14-15日の米連邦公開市場委員会(FOMC)に集まる中とあっては、注目度はやや低そうです。

 したがって事前予想(18.7万人増)から大きく乖離しない限りドル/円相場への影響は限られる公算であり、東京市場に続いてこう着した展開が見込まれます。


(欧米時間のドル/円予想レンジ:113.200-114.200円)
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)