三菱ケミカルホールディングス <4188> は続伸し、朝方に16.5円高(1.88%高)の893.4円を付けた。
 
 6日、グループ会社の三菱レイヨンの炭素繊維材料がトヨタ自動車 <7203> の新型「プリウスPHV」のバックドアの骨格に採用されたと明らかにした。プレス形成で2-5分程度の短期間で部材に加工でき、複雑な形状の部材を成形できるのが特長。大幅な軽量化と高い部材性能などが評価され、採用に至ったという。(イメージ写真提供:123RF)