東京市場のドル/円は日経平均が軟調に推移する中、一時114.00円台まで下落しました。

 欧米市場に入る前に注目イベントを確認しておきましょう。

3/3(金)
17:50  2月仏サービス業PMI改定値
17:55  2月独サービス業PMI改定値
18:00  2月ユーロ圏サービス業PMI改定値
18:30☆2月英サービス業PMI
19:00  1月ユーロ圏小売売上高
24:00☆2月米ISM非製造業景況指数
24:15  エバンズ米シカゴ連銀総裁、ラッカー米リッチモンド連銀総裁、講演
26:15☆パウエル米FRB理事、講演
26:30☆フィッシャー米FRB副議長、講演
27:00☆イエレン米FRB議長、講演
※☆は特に注目の材料

 今週に入りハト派の米連邦準備制度理事会(FRB)要人から3月利上げを示唆する発言が相次いでおり、市場の関心はイエレン米FRB議長講演に集まっています。

 3月利上げに前向きな発言が出れば、14-15日の米連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げを織り込む形でドル買いが優勢となりそうです。

 ただし、期待が高まっているだけに、3月利上げについて言質を与えない内容に留まるようならば、失望からドルが売られる事もあり得ます。


(欧米時間のドル/円予想レンジ:113.000-115.100円)(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)