昨日のドル/円相場は、トランプ米大統領の議会演説を無難に消化した事で、前日からの米3月利上げ期待が保たれ堅調に推移。一時約半月ぶりに114円台を回復して75日移動平均線に迫った。
 本日朝に米連邦準備制度理事会(FRB)の中でハト派とされるブレイナード理事が早期利上げに前向きな発言をした事から、本稿執筆時点で114円台まで再び上昇している。明日のイエレン米FRB議長講演を前に米3月利上げ期待が高まる中、ドル/円は買いが先行しやすいと見る。75日線(執筆時点:114.318円)を突破できれば、13週線(同、114.891円)に向けた一段高もあるだろう。
本日の予想レンジ:113.300-114.900円(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)