ヤマトホールディングス株式会社(東京都中央区)傘下の東南アジア地域統括会社であるヤマトアジア(Yamato Asia、シンガポール)と地場バーサウナム・トレーディング・ロジスティクス(Ba Sau Nam Trading Logistics=365 Express、ホーチミン市)は28日、ベトナム国内で保冷小口配送サービスを提供することを目的とした合弁会社の設立について基本合意した。

  合弁会社「ヤマト 365エクスプレス(Yamato 365 Express)」の資本金は200億VND(約9900万円)で、ヤマトアジアが51%、365 Expressが49%出資する。設立は8月、事業開始は9月の予定。合弁会社では、ベトナム国内および日本からベトナム国内向けの生鮮品や日本食材などの保冷小口配送事業を展開していく。

  ヤマトグループは、2010年にシンガポール、2011年にマレーシア、2017年1月にはタイで宅急便事業を開始するなど、ASEAN各国での小口配送ネットワークの拡充を進めてきた。ベトナム国内では、ヤマトロジスティクスベトナム有限会社を2015年に設立し、主にロジスティクス事業やフォワーディング事業、海外引越事業を展開している。

  一方、365 Expressは、ベトナム国内において運送事業、通関事業、貿易事業、レストラン事業、小売業、不動産事業を展開する365グループの中で運送事業と通関事業を担当。日本食材の輸入通関や日本食レストランへの配送などの事業を手掛けている。(情報提供:VERAC)