アンジェス MG <4563> は反発し、一時35円高(13.20%高)の300円と急伸した。2月28日、DNAワクチン技術を応用し、カナダのサスカチュワン大学と共同で進めているエボラ出血熱抗血清製剤の開発で、良好な試験結果が得られたと明らかにした。
 
 実験ではウマにDNAワクチンを接種して血清に含まれる抗体を精製。ウイルスタンパク質に対する高い抗体価を有する血清が製造できることを再確認できたうえ、血清がエボラウイルスを中和する働きがあることを確認したという。
 
 今後、血清をエボラウイルスに感染した動物に投与して効果を確認する試験をカナダで実施する予定。(イメージ写真提供:123RF)