セック <3741> (JQ)に注目したい。リアルタイムソフトウェア技術に強みを持つシステム開発会社である。17年3月期は減収減益予想だが、不採算案件の影響が限定的となって利益を増額修正し、減益幅が縮小する見込みだ。そして18年3月期は収益改善が期待される。株価は安値圏だが、17年3月期減益予想の織り込みが完了して戻りを試す展開が期待される。
 
 17年3月期第3四半期累計(4~12月)の連結業績は、売上高が前年同期比3.2%減の31億31百万円、営業利益が同32.6%減の2億84百万円、経常利益が同30.6%減の3億02百万円、純利益が同28.0%減の2億08百万円だった。
 
 前期計上した化学メーカー向け大型案件の一巡で減収となり、第2四半期累計に放送関連プロジェクトの不採算案件が発生した影響で減益だった。ただし他の案件が好調に推移し、不採算案件を含めて全社の資源配分を最適化したことにより、外注費や人件費が想定を下回ったため、利益は計画を上回った。
 
 第3四半期累計の利益が計画を上回ったため、通期利益予想を増額修正した。修正後の通期連結業績予想は、売上高を据え置いて前期比6.0%減の43億40百万円、営業利益を1億20百万円増額して同34.5%減の4億20百万円、経常利益を1億20百万円増額して同33.4%減の4億40百万円、純利益を80百万円増額して同32.8%減の3億円とした。減益幅が縮小する見込みだ。そして18年3月期は不採算案件の影響が概ね一巡して収益改善が期待される。
 
 株価は安値圏1400円~1600円近辺でモミ合う展開だ。ただし徐々に下値を切り上げて調整一巡感を強めている。日足チャートで見ると上向きに転じた25日移動平均線がサポートラインの形となった。また週足チャートで見ると13週移動平均線が上向きに転じている。17年3月期減益予想の織り込みが完了して戻りを試す展開が期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)(イメージ写真提供:123RF)