2016年は、ロボットの力を借りて世界に分散投資をする「ロボ・アドバイザー元年」といえる。大手金融機関で先駆けてみずほ銀行が「SMART FOLIO(スマートフォリオ)」のサービスを開始したのが2015年10月。16年には2月にお金のデザインの「THEO(テオ)」、7月にウェルスナビ社の「ウェルスナビ」、9月にマネックス証券の「マネラップ(MSV LIFE)」、11月には松井証券の「投信工房」、12月には三・・・・

続きを読む