ユーロ/ドル相場は今月16・17日に1.06ドル台後半まで値を上げるも、日足の一目均衡表の基準線に阻まれて失速。21日の東京市場では1.05ドル台後半まで値を下げており、2日高値(1.08286ドル)を基点とする下押しの流れが継続している事を窺わせる。こうした中、雲下限(本日は1.05578ドル)を引けで下抜けてしまうと、今月15日安値(1.05216ドル)や先月11日安値(1.04537ドル)を目処に下値模索の機運が一段と高まる公算である。
(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)