昨日のドル/円相場は米国が休場となる中、じり高で推移して113円台を回復。3営業日ぶりの陽線引けとなっており、前週の115円台乗せ失敗後の下押しに一服感が出ている。
 こうした中、前日の上伸を阻んだ20日移動平均線(執筆時113.265円)を突破できれば、75日移動平均線(同、113.774円)に向けた一段高もあるだろう。材 料面では、カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁(22:50)、ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁(26:00)、ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁(29:30)ら米連邦準備制度理事会(FRB)高官の講演に注目したい。
本日の予想レンジ:112.600-113.800円(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)