三菱ケミカルホールディングス <4188> は一時38.7円高(4.99%高)の813.6円と急伸した。
 
 8日午後1時30分に17年3月期業績予想を上方修正。営業利益を2290億円から2660億円(前期比1.0%減)に引き上げ、市場コンセンサスの2500億円を上回った。円安の進行や、機能商品分野を中心に販売が堅調なこと、医薬品事業における技術料収入の増加などを理由にあげている。
 
 期末配当予想も8円から10円に引き上げた。年間では18円(前期は15円)となる。
 
 第3四半期の営業利益は前年同期比8.2%減の2103億8000万円だった。(イメージ写真提供:123RF)