ソニー <6758> は3日続落し、午前9時4分に140円安(3.99%安)の3362円を付けた。30日引け後、映画分野の営業権で1121億円の営業損失を第3四半期に計上したと発表した。1989年に買収したコロンビア・ピクチャーズ・エンタテインメント社の営業権が中心で、DVDやブルーレイソフトやデジタル販売の落ち込んだ。
 
 一方、保有するエムスリー <2413> 株式の一部売却を発表。譲渡価額は520億円で、第4四半期において約370億円の譲渡益が発生する見込みとした。ソニーの所有割合は39.34%から34.00%に引き下がる。
 
 業績への影響は精査中としている。ソニーは昨年(16年)11月の時点で17年3月期の純利益を600億円(前期比59.4%減)と見込んでいた。(イメージ写真提供:123RF)