メディカル・データ・ビジョン <3902> に注目したい。16年12月期増収増益予想で、17年12月期も収益拡大基調が予想される。ビッグデータ関連で中期成長期待も高い。株価は調整一巡して16年9月の昨年来高値を目指す展開だろう。なお2月13日に16年12月期決算発表を予定している。
 
 医療分野のビッグデータ関連ビジネスを展開している。データネットワークサービスで医療機関向けに医療情報システムを販売するとともに、2次利用許諾を得た患者の医療・健康関連情報を集積する。そして集積した各種情報をビッグデータとして活用するためのデータ分析ツール・サービスを、データ利活用サービスとして製薬会社向けに販売するビジネスモデルだ。
 
 保有する大規模診療データベースは16年11月末現在、実患者数1687万人(15年12月末比332422万人増加)で、日本国民8人に1人に相当する規模に達している。
 
 16年12月期連結業績予想(連結決算へ移行)は売上高30億01百万円、営業利益3億03百万円、経常利益3億円、純利益1億74百万円としている。15年12月期非連結業績との比較で24.4%増収、7.3%営業増益、7.3%経常増益、6.5%最終増益となる。主力製品・サービスが好調に推移し、先行投資負担を吸収して増収増益予想である。
 
 そして17年12月期も収益拡大基調が予想される。成長の第4フェーズで投資回収期と位置付けており、蓄積データを活用して利活用サービスのビジネス領域が拡大し、売上高の拡大とともに投資回収を開始する方針だ。
 
 株価は16年9月の上場来高値3300円円から利益確定売りで反落したが、直近安値圏2000円近辺から切り返して戻り歩調だ。日足チャートで見ると25日移動平均線が上向きに転じた。また週足チャートで見ると13週移動平均線と26週移動平均線を突破した。調整一巡して16年9月の上場来高値を目指す展開だろう。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)(イメージ写真提供:123RF)