1月19日のスポット金はほぼ横ばい、前日比1.45ドル高の1204.75ドルで引けた。堅調な米指標やイエレン米連邦準備制度理事会(FRB)議長の追加利上げを支持する発言を受け、ドルが上昇、金は1200ドル台を下回り、1トロイオンス=1195.60ドルを付けたが、その後値を戻した。 

  NY時間に発表された米12月住宅着工件数(前月比)は11.3%増、予想の9.2%を上回った。新規失業・・・・

続きを読む