リーバイ・ストラウス ジャパン <9836> は大幅に反落し、寄り付き直後に39円安(10.83%安)の321円を付けた。19日引け後に17年11月期業績予想を開示し、大幅な減益を見込んだことが嫌気された。売上高は132億円(前期比7.0%増)を計画したが、営業利益は3億2000万円(同33.4%減)の見通し。無配とする方針も継続する。円安傾向による海外でのコスト増などが響くとしている。なお、16年11月期の営業利益は前期比2.1倍の4億8000万円と従来計画をやや上回った。(イメージ写真提供:123RF)